top of page

生成系AIで遊ぶ

ChatGPTが話題である。ChatGPTについてのニュースは見ない日がないくらい、話題である。あまりにその頻度が高すぎて少しうんざりしている面もあるが、全く気にならないというわけでもないので、ChatGPTとはどういうものなのか、小一時間ほどいじって遊んでみたことについて書いてみようと思う(遊んでみただけなので、全く無意味な記事です。ChatGPTの効果的な活用法を期待しても何も出てきません。あしからず)。


そもそも、ChatGPTとは何なのか。いろいろなところで解説が出回っているので改めて説明する必要はない気がするし、全くの素人なのでだいぶ間違っているかもしれないが、GPTとは”Generative Pre-trained Transformer”の略で、直訳すると、生成的な事前訓練済みのトランスフォーマーということになる。トランスフォーマーとは、さしあたり、コンピュータが言語を分析するための計算方法とでも捉えておけばよいだろうか。あらかじめ訓練された計算方法ということで、何がどう訓練されているかというと、膨大な量の言語データについて、ある語のあとにどんな語が続くことが予測されるかということをすばやく計算することが訓練されている。ChatGPTは、そういう技術を組み込んだチャットアプリということで、GPTを使い、質問に対して上手に応答できるように作られている。

記事の続きは…

langage.jp を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page